白の旋律〈白の♪〉

白の旋律<白の♪>~旋律№141 孤独の最期~

 旋律№141  孤独の最期

                                白

 

もっともっと尖った優しさをおくれ

 

声が剝製になる前に声色の絵を描いて

 

あの日から剥がれ落ちた笑くぼ

 

この気持ちを超えて風になる

 

 残酷な一ぴきの猫

 

 俺は今なにかを待っているんだろうか

 

 大天気

 

 光の遮断で奪ったモノ

 

 宇宙からの手紙 宇宙からの手紙が届いた

 

 吹雪の日にも息吹を感じて

 

 もう着地したのかな

 

 こうして眠ればまた陽は昇る自然と繰り返しの自動的に

 

 今思い返せばあの頃の大人たちが作り上げたモノをボクラは「奇跡」と呼んで喜んでいたのかもしれない

 

 右手を押さえつけるように左手を使って

 

 仕事の量だとか時間的な量だとかを作らないようにするために毎日を生きて

 

 夢を見ていることが現実なんだから

 空に咲いた白黒の花は

 

 一番深い夜が好き

 

 曇りの中にまあるい黄色をみつけた

 

 帰りのヒンヤリとした雨風と♪が今日は心地よかった今朝はあんなに進まなかったのに

 

 はく息が白いと生きている心地がするから

 

 乾いた空に白がいる

 

 見上げた空に四分音符

 

 Last-style

 

 トンネルの中で浄化されていくような思いだ

 

 やっと陽があたってあったかいな

 

「結局この身体ももう病気か」

 

「独りの身体で俺は死んでいく」

 

 

誕生日   二〇一〇/十二/二九〈水〉

 編集完了日 二〇一〇/十二/二九〈水〉

ps→二回目の癌だそうです

Cocolog_oekaki_2010_12_29_23_18


| | コメント (0)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№139 風邪をひいて~

〈白の後退歩行〉

旋律№139 風邪をひいて

                                白

 

 この眠いという感情は何処から来て何処へと去って行くのだろうか、何処から生まれて何処へと死んで

 

 ♪によって浮かんだ俺の魂が

 

 ひまわりが赤い夢を見たんだって

 

 ボクらは二人だけの夜に等身大の裸をキャッチボールした

 

 今日は日曜みたいな月曜だった

 

 きづけば花火も終わっていて

 

 愛をテーマにした詩を書こうとしてもなにも思い浮かんではくれないし今の自分には

 

 五百円玉見つけた

 

 伝わりのなかで生きる

 

 明日あさっての風が吹いたら

 

 朝だってのに蛍光灯が点いていてすごく白くて

 

 また何もない土曜日の一日が終わってく

 

 薬の味が脳に伝わる前に

 

「あと三日でラブレターだから」

 

 やっぱり独りでいるのが自分にはいいのかなって大勢の中にいてもボクは思ってまたこれからの他人達へ過去の他人達へと同じ攻撃をしかけてしまう 無意識に隣にいた相手が振り返ってみると少しだけ可愛かったり

 

 この食事が正解だったのかと問う

 

 身の程、自分の身の程、自分だけの身の程

 

 一年中同じ衣服で過ごしていける勇気があったなら

 

 行き先のチケットに穴を開けて

 

「ハサミが欲しくなる」

 

 

 

   誕生日   二〇一〇/一〇/一七〈日〉

    編集完了日 二〇一〇/一〇/一七〈日〉

Cocolog_oekaki_2010_10_17_17_17

psそろそろ変化の刻でしょうか。。。

| | コメント (0)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№135 演奏会~愉しい時間をありがとう~~

〈白のfirstlast

旋律№135 演奏会~愉しい時間をありがとう~

                               白

 

小学生のてのひらに広がった早朝の陽の光 

 

ちょっとずつ曲がっていったあのこ

ずっとずっと背中を追いかけていたから分かる  

 

また少しでも構わないからかまってほしくってあなたの気持の端っこによじ登る

 

今日髪の毛をずいぶん切ってきたあのこ

 

自分の中のくだらない幼さが、また気づいてあげられなかったことにしちゃったな

 

何度問い合わせてみても黄色い点滅はただ流れて

 

夜中、血液の中へ入って眠ると

 

100点満点のテストにはもう味付けができません

 

両目の目ん玉転がすように

 

「抱擁しないといけない」

 

燃える花に近づく

 

あの店が豚肉の料理を始めたんだって

 

「人の胸は愉快ですか?」

 

みんなみんな挑発してんだよ

 

白いサクラがマンションを背景に突き刺さっていた

白いサクラと月とが重なってふたつともみえなくなる刹那

 

「自我の黙殺」なんて派手な言葉かくしこんで

 

「今すぐ突き抜けたい」と思うけど自分の刃の角度がまだ足りていない

 

あそこにもまたカラスが住んでいるな

 

自作~I was makeup

 

嘘吐きの♪を投げてぶつける

 

風で前髪がつながった

 

ピアノの声をたたいて割った

 

 

 

誕生日   二〇一〇/三/二十六〈日〉

編集完了日 未定




psまた会える気がしています、でも今は少し疲れました。

Cocolog_oekaki_2010_03_26_23_00


| | コメント (4)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№117 こっぷとこっぷと~

〈白の助走開始〉

旋律№117 こっぷとこっぷと

                              生詩 白

                              生♪ A

 表情を使わない生活がしたい

 人生未だ無冠也

 肉を食べる、欲も霞んで

 内側に空の絵が灯った絵を見た

この老いた視力では、もう目の前のキミの名前でさえも捕えることができなくなってしまって

 本当の重なりを感じられる日はいつか

 参加?違う、所詮傷付けだ

「私の材料」

 金を過不足なく支払えばまた一つ要らない関係が消えるから

 幸せな寝坊ってなんなんだろう、無理に引っ張り上げようとすればまたボクの心は悲しみの音入りを始めてしまうから

 もっとミカヅキをカジリタイ

「悪夢」の対が「正夢」であるように

 その本を、今無人島にいる思いで読みなさい

「急行列車の通過待ちです……」 

 烏賊の眼をしたが老父が俺を襲おうとしてくる夢の入り口

「嘘吐きを選びました。」

 ドはドですから

 朝日がさして赤タマネギのような色彩がまぶたの裏に広がって

 ラブレターの書き方を教えてもらえませんか?あなたに贈りたいんです

朝を間違えました

 サブタイム~時間の補修を試みたい~

あー財布忘れてきちゃったな、まあ空が青いから許してやるか自分に

世界最高のピアニストにはなれませんでしたが

 汚い肌色を塗られた肌は

 俺の中の悪に注射針を打ち込んで

 こどもの声が「自分独りになったら」って言っていました

 大きな時計を探して回る

 コーヒーの一気飲みほど不味いものはない

 流れる灯りのトンネルの中でこの身体を浄化できないものだろうか

 空気の涙が頬を伝い

 あくびをしては水を飲みまたあくびをしては水を飲み、出そうで出ないあくびを抱えて

 高速道路から星が見えないのはなぜでしょうか?

 暗黒に負けない星よりも、ボクは陽の光にさえも負けない星の光が見たい

 人のエサ

 like a like

空を開けてみると

 腹の中身の消化待ちです

 ブルーベリーガムの死ぬほど好きな少年がいました

 自分とはぐれてしまうことなんてあるまい……

 この計りいっぱいの♪ください

 何度目の山手線

 

「気持ちが晴れた二日目の朝」の意味がボクにも分かって

 幼き頃には悪を感じてしまうほど世界が近くに見えていた

ミスキャットウーマン天使

大きな本棚の前で泣いている少女の影を見つけました 

 そうですね、「奔放な法律」が欲しいものですね

 ♪をつけた貝がらは

 ♀リンゴサークル

 あんなビルになる人生は幸せか

普通な性に帰りたいものだ

水とコーラと羊羹

花びらが閃いて 陰りを見せない月が笑うと ボクのそばにたたずむ光かな

 誕生日    二〇〇九/一/四〈日〉

 編集完了日  未定

Cocolog_oekaki_2009_01_04_20_35

ps なにか、まだ自分の人生なんてもんは始まってもいないんだなって、本当に先生なのかなって、でもなってしまうんだろうなって、こんな状態だからいつまでも独りなんだろうなってダーリンダーリン

| | コメント (16)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№115 White-planet~

〈白の飛行船〉 

旋律№115 White-planet

                             生詩  白

                             生♪  A

 幼き頃につけられた黒き傷痕は……

 この身体を名詞代わりにいたしました……

 換気扇の向こう側に広がった狭空=希望

 作業、空室責任者

 蜜を感じる蜜柑の花は羨ましいほど白く咲き

 墨絵で描かれた夏ミカン

 空へと向かう飛行機のシッポを眺めていた

 まるで電池切れ間近のロボットの歩行を見ているようだ

 眠た気な月にタオルをかけて

 ベッドの中ではドキドキをして

 耳たぶに弾かれた雨粒は……

Lets

で外したstepは……

 いつかの未来にこの記号が生きた意味を抱いた言葉になりますように

 自分が認められる日、そんな空想を先行させてノートの隅に一生懸命に考えて描いた今は意味無しコトバ

 空想フィルムの向こう側の空には今日も

「素手で掴んだ未来だから」

 誕生日    二〇〇八/十/二十六〈日〉

 編集完了日  未定

ps改めて想います、「人間として生きるってことは面倒くせぇことなんだ」

Cocolog_oekaki_2008_10_26_20_24

幸せになろう(初回限定盤)(DVD付) Music 幸せになろう(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:mihimaru GT,ET-KING
販売元:UNIVERSAL J(P)(M)
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (10)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№102 アクリルの空~

〈白に射す光〉

旋律№102 アクリルの空

生詩 白

生♪ A

「お試し期間」はいつまででも良いですか?

ほんとは食べたいものなんてなかった

ミルクをなめ腹をば満たす野良猫のように

冷蔵庫のジュースもそろそろは冷えたころだよ

どうせ赤くなるであろう目の前の点滅信号機

俺の人生路に葬式以外の日に行列ができることを祈って

あんな夜があったとは思えない朝だ

着なくなった洋服、履かなくなったスニーカー、聴かなくなった♪もう二度とは渇かなくなってしまった喉も

「今日ボクは……、今日ボクは何度の検索に絡み付かれたことでしょう、知らないトコロで知らないダレカに探られて、まさに“テキトーなイメージ”を張り付けられて“ウソのイメージ”を抱かれてもしかしたらそのダレカがボクの隣で笑うキミだったりとかちょっと疑っちゃって、そんな鎖が、いつからか外れなくなっていて」

「制服」「置いてけぼり」……なにがイメージできましたか?

服の色、指の感覚、光が当たって爪の艶具合

「ロックスイッチのon

知られずに独り響きする歌詞の2番のように

たまには曲の始末を聴いてみるのもいいもんだ

今日は不思議と眠くないんだ

「降り出した奇跡粒」

もう、気持の矢印前向き→に

水族の涼み

「望みごと」

サーモンたちが踊り出す夜

〈源2枚   *白に射す光

       誕生日    二〇〇八/七/十三〈日〉

 編集完了日  未定〉

psこの旋律には、いろんな角度からの想いが描かれています。最近になって急に色んなたくさんのフレーズが降りてきて、「生きてる感じ」を感じます。。。というのも久々にいいなって思える曲のゆず「yesterday and tomorrow」がなんか自分の中で大きな存在となりつつあります・・・カルマ?ってすごいのかな笑

| | コメント (4)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№102 『方位を失いし国』~

〈白の浄化〉

旋律№102 『方位を失いし国』

生詩 白

生曲 A

 ちょっとはマシになった視界……

 

 魚が立つ日も影が独り歩きする日も人間があの空を飛びまわる日も

 水とショコラ

ピアノの鍵盤に指をかじられた赤い少女はひたすら♪を鳴らし続け

 

 誰が「一番」とか「無敵」だとか「最強」がどうしたとか

 また記憶は儚くも「消滅」へと向かい、いつかはその記憶もまた「消滅」してただいつものように「新しさ」ってだけで人々は嬉しさを感じてにぎわいだして……リサイクル生命……

 雨が降る話をして風が吹く話をしてキミといる喜びで出来上がった気持ちをやっぱりキミに話しちゃって

なにかこう、もっとちゃんと血の気のサーッと引き落ちたような白さのカーテンがほしくって……求めてしまっていて……

夢想い

 残りの眠気を吐き捨てて

「ソラカゼ」に放つ夏夜の想い

〈源2枚   *白の浄化

       誕生日    二〇〇八/七/六〈日〉

 編集完了日  未定〉

| | コメント (18)
|

白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№97 「もう独りじゃないんだよ、ボク」~

〈白の線流〉

旋律№97 「もう独りじゃないんだよ、ボク」

                      白 

 ひなげしの花

       水の香りに誘われて

 また学校へ通うようになってから、毎日がただただ早く過ぎて、加速に逆転が加わって、ボクの背中をきっと押してくれて

「行かなきゃ」って前向きたくなって明日のこと考えちゃうよ

あの娘もまた似たような過程でもって他の誰かを好きになっていくのかなあ

「飛べばいいんだ」

   誕生日   二〇〇八/五/十八〈日〉

編集完了日 二〇〇八/五/十八〈日〉

psこの旋律は、恋の芽生えでしょうか?いかん②笑・・・

| | コメント (34)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№76 おれんじ♪~

20071008103150

20071031173548

〈アロマポッド、チル様新曲『旅立ちの唄』、夜のアロマキャンドルとクスリ、イルカ型携帯スタンド、アロマポッド、ミントのハーブ♪〉20071005235347 

20071102132334 

久々に撮った写真をアップしてみました→不思議と今の白の心境をあらわしているのかなって想えます。それでは白の最新旋律です、感想宜しくです。

〈白の楽譜〉

旋律№76 おれんじ♪

生詩 白

生曲 A 

A

ぼーっとしていたり 考えごとをしていたり そこにふいに でも初めからそこに在ったように自然に飛び込んでくる それは生きたナニか

「そしてボクの詩は生まれる」

「白の旋律が、生まれる」

 ♪をつけてください 彩りを施してください 映像に載せてください 

肩組んで手つないで一緒に笑顔してくれませんか?白の旋律に、

「ボクと、bandになりませんか?」

 「生きている理由」ですか?最後に耳に残したい♪を探すためです、

「その一♪を」

                                                

 歯ブラシの♪の中で想う、

「まだ空は青いらしい、明日のじゃがいものことを考えていた……」

   誕生日    二〇〇七/十一/四〈月〉

   編集完了日  未定

ps→この旋律は今まで描いてきた白の旋律の中でも異色というか、新鮮というか。。。とにかく自分の中にこんな色があったんだって気づかされた旋律でした。すごく楽に、スーと描けました。こんなにも軽い気持ちで描けたのはこれが初めてで、明るくて温かい、今までの白では表現にも気づけなかったことが、現れていると想います、なにか、転機が起こっているのでしょうか?もうすでにその中にいるのかもしれません・・・

今日、四月から教えているの塾の生徒に、「姉はいつも茶碗洗ってからきます、それで遅れてるんです」とか、「あっ、先生、就職先決まりましたか?」「そしたら引っ越しちゃうんですか?・・・良かった〈安心の意味〉」そう②、文化祭の合唱コンクール優勝したんですよ!なんてことを言われました・・・その双子のお姉ちゃんは、今ま一度ももそのことを言ったことなくて、表情にも出さなくって、今日聞いてみたら、それは当たり前のことだからすごくなんかないですよ」って・・・人って、温かいんですね♪子どもって、こんなにも自分を強くしてくれる存在なんですね。。。近いうちにこれ関連の記事をアップできたらと想います☆

続きを読む "白の旋律〈白の♪〉~旋律№76 おれんじ♪~"

| | コメント (0)
|

白の旋律〈白の♪〉~旋律№74 サブスマイル~

〈白の一呼吸of〉

               旋律№74 サブスマイル

                      生詩 白

                         生曲 A

こんな朝早くに起きてしまった

前に知り合った人からの良くない着信だった

 また寝に入ろうとしたけれど、今度はできなくって

仕方なしにテレビをつけると、あの大好きなバンドが来月新曲を出すらしいニュースだ

「永いこと待っていた」

ほんの少しだけその曲が流れて、それで目覚めた。

 世界が呼吸し始めたことを、横を通り過ぎてゆくように感じる

 外からはタイヤが水を弾く音がし始めて、いよいよ雨の音が始まる

「今日も何もない」

 ありがとうもさよならも告げる相手もいない

 ただ時間と金だけが減っていって、気力と体力も擦り減っていって残るのはいつも、「これがもし誰かと一緒だったら」って感情だけだ

自慰行為さえも惨めな作業に感じる

「くれてやる」

生活の中で一番にキライだ早送りにしたい

一瞬の大きさってやつを自在に操れたならいいのにクレジットみたく。

精神的にはもう何年生きたことになる?もう実年齢の何倍分になる?

重なりすぎたモノが多すぎて何をしてみても新しさが全く見当たらないで鬱に霞む

 一つずつ表情が減っていく

退屈しのぎにまた次の退屈しのぎしてんだまた

「泣こうか?」……だめだ、もうずいぶん前に泣き方も忘れてしまったんだっけ

俺はこうして独りでいる時間が今までにあまりにも永すぎた

「買ってくれませんか?不出来な人機能のついたボクを」

「摘んでくれませんか?もちろん表情付きです、もう残りは少ないけれど」

誕生日   2007年9月11日〈火〉

編集完了日 未定

| | コメント (28)
|