« 白の旋律〈白の光〉~旋律№169 俺の昼間の太陽が今日もまた消えていった……~ | トップページ | これからしにますさようなら »

白の旋律<白のメトロノーム>~170 次は都会の猫にでも生まれ変わりたい~

〈白の後ろ姿から伸びる影は誰のものなんですか〉

      旋律№170 次は都会の猫にでも生まれ変わりたい

                                    白

 

 夕方の銭湯の煙がでっかいタバコに思えました

 

 次の命が亡くならないことを願います

 

 次の入学式にボクはいますか?明日の卒業式に私はいますか?今はどこにいますか?

 

 またつまらない明日をおかわりしてしまうなんて嫌だから行ってきますでさよならそれでごちそうさまでした

 

 理由なんてないんだよただ今日も空が曇ってるだけ

 

 この空がプラスチックメガネを磨く日が来なくなることを夕方の空の下でマスクして想う

 

 夕方の公園の砂場の横にペットボトルが倒れててそれに夕陽が当たってキラキラと光ってる

 

 

 

     誕生日    二〇一四/二/八〈土〉

     編集完了日  二〇一四/二/八〈土〉

Cocolog_oekaki_2014_02_08_14_20

ps 人間てなんてめんどくさいのでしょうね

|
|

« 白の旋律〈白の光〉~旋律№169 俺の昼間の太陽が今日もまた消えていった……~ | トップページ | これからしにますさようなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白の旋律〈白の光〉~旋律№169 俺の昼間の太陽が今日もまた消えていった……~ | トップページ | これからしにますさようなら »