« 誰か見ていますか コメントをください | トップページ | 白の旋律〈白の光〉~旋律№169 俺の昼間の太陽が今日もまた消えていった……~ »

白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№168 薄れゆく白くなりゆく俺の影を探して~

〈白の影踏み〉

      旋律№168 薄れゆく白くなりゆく俺の影を探して

                                    白

 

 「来年の夏」ってすごく遠くて理想が追いつかないくらい残酷な過去だと思います

 

 四十五分になれば

 

 風鈴の♪の中で過ぎた夏

 

 夏が終わる日が始まる

 

 まだ夏の鳴き声が聞こえる

 

 また今日もあっちでもこっちでも葬式と誕生日とで目一杯賑やかな白も黒もつかない椅子取ゲームの繰り返しだ

 

また明日の朝早く起きるための目覚まし時計をセットしなければならない

 

幸せな日曜の朝がもうすぐ終わります

 

 だから「髪を切る」なんて言わないで夢の話なんてしないで掴んで叶えて

 

 もう朝になるのか、なんだかまたひどく疲れたな、同じなだけの退屈の繰り返しだ、一体いつになったら解放されんだろ、 毎日夜の国はないのだろうか、そうすれば痩せててもブサイクでも人から嫌われることも少なくなるだろうに

 

 雨が降った、哀しい気持ちになった、少し安心した

 

 普通の感覚はまだあるようだ

 

 終わるための何かをいつも探してる

 

 マスクつけてるくらいがちょうどいいんだよ現実なんてさ、最近は度が入ってない眼鏡かけてるとこんんなにもただただ息がしやすいや

 

 ほらやっぱりここでも椅子取りゲームだ、初めから空く席も次そこに入る誰かも決まってんだよただただそれが全てさ

 

 

 

     誕生日    二〇一三/十一/一〈土〉

     編集完了日  二〇一三/十一/一〈土〉


Cocolog_oekaki_2013_11_02_22_12

ps余命のカウントダウンがはじまった

|
|

« 誰か見ていますか コメントをください | トップページ | 白の旋律〈白の光〉~旋律№169 俺の昼間の太陽が今日もまた消えていった……~ »

白の旋律〈白のメトロノーム〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誰か見ていますか コメントをください | トップページ | 白の旋律〈白の光〉~旋律№169 俺の昼間の太陽が今日もまた消えていった……~ »