« 白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№166 幻覚ばっかりじゃないか、全部だよ~ | トップページ | 誰か見ていますか コメントをください »

白の旋律<白の光>~旋律№167 蝉の鳴き声は孤独からの明日に優しく背中を蹴り上げる~

〈白の残り命の調べ〉

      旋律№167 蝉の鳴き声は孤独からの明日に優しく背中を蹴り上げる

                                    白

 

 月曜が来るまたあの月曜が来る携帯を持つ手が一瞬動かないでいた

 

 ~しなければいけないの日々がまた始まるまたあの月曜が来る

 

 こんな真昼間のアスファルトの臭いが鼻につく

 

 この曇り眼鏡がなければきっともっと色んなものが見えるのだろうに

 

 今日の曜日は何曜日

 

 反対側の番線

電車追う目がルーレット

                  まだ美女は来ず

 

「来週は

何をするんだっけ」

に縛られる日曜日だよ

 

 光の♪がすべり落ちるような夜だった

 

 何度も立ち留まっては詩を描いた

 

 これは本当の自分じゃ人だってずっと眼鏡かけて過ごしてた

 

 シンドサツラサ→優しさ

 

 もう、全部が赤色に見える疲れてんだ俺

 

 今このまま冬になったら俺はどうなるのだろう

 

 枕替え

    違う夢でも見たかった

              雨の夜の中

 

 本を切らして今日買っとくべきだったのかなとか一日の終わりに思うとなんだかその日一日がすごく残念なものだったのかなって思う

 

 現実植物 光り出す

 

「宇宙人売ります」

 この二本の脚で一度に進める道のりはどうしてこんなに足りないのだろう

 

 来年の夏は俺なにやってんだろうにならないといいな

 

 あっ今年ももう始まってたっけな、夏

 

 殺したくなる生き物はいますか?

 

 暑いから

     日陰の中で信号機待つ

               夏休みの始まり

 

 ベランダで 

遠くのオレンジ

洗濯ものがよく乾く

 

 時の針♪命の残り

 

 争いのない戦いばかりの毎日です

 

 地球の消毒がしたい

 

 また来年にしか咲かないこの枯れたアジサイを救うように

 

 

 

     誕生日    二〇一三/八/十三〈火〉

     編集完了日  二〇一三/八/十三〈火〉

ps枯れて死にそうです誰か

Cocolog_oekaki_2013_08_13_17_23


|
|

« 白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№166 幻覚ばっかりじゃないか、全部だよ~ | トップページ | 誰か見ていますか コメントをください »

白の旋律〈白の光〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№166 幻覚ばっかりじゃないか、全部だよ~ | トップページ | 誰か見ていますか コメントをください »