« | トップページ | 白の旋律〈白の詩〉~旋律№151 眠りに就く前の詩~ »

白の旋律〈白の光〉~旋律№150 息 朝 露 またのウソ~

〈白の朝のウソ〉

旋律№150 息 朝 露 またのウソ

                                   白

 

 明日の朝起きたら俺は幸せだとうか

 

 毎日こうして朝八時の空気を感じなければならない

 

 あいつの皮膚に不意打ちの針を刺し込むように

 

 うどんでいいやなんかんもう今日も……

 

 さらさらとどぶが流れる音がした多くの人とつきあってきた今までほんとに多くの人とつきおあってきた

 

「どうやったら新しくなれるだろうか」なんて考えて

 

 今日はなんだかすげえ遠くが見えるよ

 

 つながる空を見ていては

 

 今日もつまらなかった

 

 電車と電車が途切れる前に

 

 はく息の

白き命を

感じては

雨の中にぞ

我が独り歩き

もの哀し 

 

 自分の心臓の♪を聴いていた

 

 色んな色んな事をして自分のこの右手汚して

 

 夜この部屋の隅の黒いところを闇の中ただじっと眺めていた

 

 指の先でとんとんと静かにリズムをとる

 

 つながるツナガルワンピース

 

 空が青かったで終わらせたくない

 ストーブのにおいがして冬が始まる

 

 あー空が青いと今日が始まる

 

 

 

    誕生日    二〇一一/一一/一九〈土〉

     編集完了日  二〇一一/一一/一九〈土〉

ps→最近は色々な寒さ暑さがあります

Cocolog_oekaki_2011_11_19_21_40


|
|

« | トップページ | 白の旋律〈白の詩〉~旋律№151 眠りに就く前の詩~ »

白の旋律〈白の光〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | 白の旋律〈白の詩〉~旋律№151 眠りに就く前の詩~ »