« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月


| | コメント (0)
|


| | コメント (0)
|

白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№146 ひっくり返したコップの中にあた世界~

〈白の逆さ歩き〉

旋律№146 ひっくり返したコップの中にあった世界

                                白

 天使女神堕天使悪魔

 

 傘が無いから帽子をかぶる帽子が無いから傘をさす

 

 明日おかえりなさい

 

 そして袋の中には選ばれたゴミが入ってゆく

 

 冷たいコーヒーを飲み終えるとなんで自分はあんなに焦っていたのだろうと思う

 

 胸の有る無しで判断されてしまう、サイズは何か、度胸はあるのか

 

 十二時三十八分傘の花はまだ咲いていないようだ

 

 耳に残ったあいつの声をかき消すように手持ちの♪を聞く

 

 野菜ジュースを飲んで寝る夜中に振って朝には消えたようになくなってる雨が好き

 

 誰もがみんな少年だった走ることに走っていた時があったんだあの人もまたあの人も

 髪の長かった頃のことももう忘れて

 

 あの夏の

日焼けの痛みで

思い出す

 

 自分がいつでもキラキラしていたいから

 

 命の蓋を

 

 雨になると花が咲くのが良く見えるから

 

 十年後に前並え

 

 靴が人を歩かせる

 

 窓に映る電車の走るのを見ていた

 

 生きる時間を奪われた、命を返せ、命を還せ

 

 こんなことで朝飯が終わってしまう、三二〇円だと、先週までは三〇〇円だったのに

 

 ボクラが考えられる宇宙なんてただただ真っ黒いだけのモノだ、きっと何色の光たちが射し込んでいるのだろう

 

 この眼に光が届かなくなるまで

 

 このコップの中にも社会はあるのか

 

 

 

    誕生日    二〇一一/七/三〈土〉

     編集完了日  二〇一一/七/三〈土〉

ps ダレカ友達になりませんか?

Cocolog_oekaki_2011_07_02_10_33


| | コメント (0)
|


| | コメント (0)
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »