« 白の旋律〈白の光〉~旋律№144 タイトルテグス~ | トップページ | »

白の旋律〈白の光〉~旋律№145 ジブンヲサガシテ~

〈白の朝昼夜サーカス〉

旋律№145 ジブンヲサガシテ

                             白

 

 全員がシ・ア・ワ・セ♪

 

 奇跡みたいな日常の時間だったなまた次の長い休みに浸って通過したい

 

 

 これで目が悪くなるなら本望です

 

 幼稚園に降るよサクラ 俺のために咲いている桜だとは思えないな

 

 またあのこがいなくなって平べったいだけの無色の毎日が始まる

 

 あのこのイニシャルと同じアーティストの曲だから5つ☆にしたんだっけ

 

 青色のジャンパーと同じ色の折りたたみ傘を買った

 

 信号は青だ、空も晴れてる、なんだか今日はいいことありそうだ

 

 今日はあのこに逢えると思ったから通い続けた朝の道も桜の花びらとともに

 

 この足♪が聞こえていますか?

 

 ワタシハ退屈したくないんだよそれだけさ

 

 掌で灯す作り物

 

 人々は別れ離れが寂しいからそこに定住するのかもしれない なんだか一安心するな

 

 「通過」にしないように

 

 下をうつむいて歩いている人のために

 

 想像がつくものは食べない

 

 満タンだったのに気付かれなくなった空きカンは

 

 昨日の自分と同じ匂いが嫌いで枕を干した布団を干した

 

 夏の雲を捕まえる

 

 ずっと消えない人生履歴 

 

 幼稚園の先生にでもなろうか

 

 届かないものを掴みたい

 

 信号はまだ、青色だ

 

 足元を見ても大人になったな 俺は革靴なんて履いちゃってさ

 

 今日透明の日

 

「ハヤクシロハヤクシロ」と急かされ「ノミコメハキダセ」と背中を叩かれ

 

 自分の歌う時の声が一番嫌いです

 

 なんだか右のポケットからいろんなものがこぼれ落ちているような気がして、むギュッと胸が痛い辛いになる

 

 白黒だけでできたアニメを思い浮かべて愛そうとしています

 

「曇天だといいな」 

 

 でっかいパフェの形した

 

お水を一杯いただけませんか?」

 

 なんでこのページに付箋を貼ったのか思い出せなくなった

 五月の緑に身体をうずめて

 今日は天気で明日は雨で

                       みんな右手に傘を持つ

 

 ボクだって生き物だ?

 

 一枚の嘘っぺら

 

 ひとつになれるひとつになりたい

 

 電車の中がほんとの地球だなんてさ

 

 

 

 

    誕生日    二〇一一/五/二九〈日〉

     編集完了日  二〇一一/五/二九〈日〉

psグルグルする  ダレカ話相手がほしいな

Cocolog_oekaki_2011_05_29_19_43


|
|

« 白の旋律〈白の光〉~旋律№144 タイトルテグス~ | トップページ | »

白の旋律〈白の光〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白の旋律〈白の光〉~旋律№144 タイトルテグス~ | トップページ | »