« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月


| | コメント (0)
|

444記事目  雪の解ける音がこんなにも冷たいなんて 「片道切符」byチャットモンチー 

| | コメント (0)
|

| | コメント (0)
|

空

| | コメント (0)
|

池袋へ、連絡受付

| | コメント (0)
|

新宿へ

| | コメント (0)
|

みぎてのなかゆびがしにましたつめたい

| | コメント (0)
|

勿忘草

勿忘草

| | コメント (2)
|

今日一つの灯が消えました 人を人として見られる人になりたい、そんな人を育てたい

続きを読む "今日一つの灯が消えました 人を人として見られる人になりたい、そんな人を育てたい"

| | コメント (0)
|

3/29 10時j都庁にて会いましょう

| | コメント (0)
|

いつしぬかしりたい

| | コメント (0)
|

汚い側の人間どもがあまりにも、あまりにも多く生き過ぎている…滅せ

| | コメント (0)
|

23年目の時間が廻り始める、明日独り

| | コメント (0)
|

今日の一期一会は楽しかった☆

| | コメント (0)
|

白の旋律〈白のメトロノーム〉~旋律№120 エビフライの背中~

〈白の夜空泳遊〉

旋律№120 エビフライの背中

                             白

 おれもスーツを着ているようになったか

 春の日差しの中、演奏を終了した

 自分の背中をダレカが駆け上がって行く感覚がした

 生きることにただ難しさがあります

 文字は無常という存在に逆らえる唯一の生き物

「好きな言葉はありません。「言葉」という言葉が好きなので。」

落ちてしけったスナック菓子

「優しさを加工しないで下さい」

 一瞬の流愛をマッチ針で留めて

自然な「そういえば」を想わせられる詩を描きたいそんな人になっていた

 三千円分のどんぐりを持って、歩く

自分がいつ死ぬかということを決めて生きる

明日の靴下を履いて寝ます、すると結局それはいつの靴下になるのか

 世界のすべてにカウントダウンがかかる時

 あーあ、コーヒーでも飲んで寝よ ジャンパー着て寝よ

 ホントは左に流したい 前髪

 この左手が今急に勝手に揺れ出したらはてどうしようものか、この右手でも抑えつけられないくらいの強い暴力を振るい始めでもしたら

 

 その日の終わりにテレビを消した時のフッとした孤独に捕まった感覚が自分を眠りへと引き吊り込む

 空はもっと寒いのだろう

 紅の雫が降り出せば、その刻が卒業式也

 

   誕生日   二〇〇九/三/八〈日〉

   編集完了  二〇〇九/三/八〈日〉

Cocolog_oekaki_2009_03_08_20_48

ps→4月から毎日小学校へ登校することになりそうです。逆に向かう変な人生だ。

| | コメント (18)
|

うっすっぺらできはくなにんげんだひとをひょうめんてきなじつねんれいだけでみてるやつはでていけせかいから

| | コメント (0)
|

いつしぬのかをきめていきたほうがいいとおもいますよひとは

続きを読む "いつしぬのかをきめていきたほうがいいとおもいますよひとは"

| | コメント (0)
|

早く60迎えて死にたい

人生なんて60までの暇つぶしですから
まだ3分の2もある

| | コメント (0)
|

あの頃

自分がいてほしかった先生がいてくれなかった
家も荒れていて中二から一人暮らしで何の取り柄もない自分を救ってくれる先生がいてくれなかった
先生は取り柄のあるやつしか見ない
だから先生が嫌いで学校が嫌いだった
でもいつしかそんな子どもの気持ちを分かれる先生に自分がなろうと思っていた
今日ボクは、そんな作文を授業で発表しました。

| | コメント (0)
|

おれなんでせんせいなんだろ

| | コメント (0)
|

やっぱりちきゅうがまるいのはだれのおかげだとおもいますか?

続きを読む "やっぱりちきゅうがまるいのはだれのおかげだとおもいますか?"

| | コメント (0)
|

でもなにかのせいにするのってやっぱりちがうんだろうな・・・またかなしみがふえるから

| | コメント (0)
|

毎日がつまりません

自分に原因があるのでしょうか?

人はなぜ誰かを陥れるのでしょう

| | コメント (0)
|

バンドメンバー募集

条件

・「描く」ことに対して絶対的な個性を持っている人

・特に画家、音楽家〈できればピアノ〉、声色

・自分と協力して白色の世界を放ちましょう。

・人数は最大で4人まで。希望者はコメント欄に連絡先を明記してください〈非公開〉。気が向いたらお返事いたします。

| | コメント (0)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »