« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

名古屋

名古屋
名古屋
名古屋

| | コメント (0)
|

名古屋

名古屋
名古屋
名古屋
名古屋
名古屋
名古屋
名古屋
名古屋
名古屋

| | コメント (0)
|

今から

今から
名古屋へ行きます

| | コメント (0)
|

クリスマス

クリスマス
クリスマス
クリスマス

| | コメント (0)
|

書
書
書
書
書

| | コメント (0)
|

白の旋律〈白の光〉~旋律№116 風に「運んで」~

〈白の這い上がり逆上がり視界〉

旋律№116 風に「運んで」

                             白

 平積みにされた愛情は

笑顔が良いモノとは限らないようなのです

秋が好き、空の青さが一番にキレイだから つまんない日常の枠を突き抜けて来るから

葉を眺めていると生命の逆流を感じる、死滅際に一番鮮やかな美色を放つ

秋の山は幼いパレットだ

闇空を翔ける虹色は

生を感じられる瞬間、キミの瞬間とボクの瞬間とが触れて一つになること

「いつか必ず叶って」って吐息に描いた指文字は

猫に譲る帰り道

ついでに生きることでしか間を埋められなくて

ボクはここにいてはいけない人間ですか?子どもに大人を求めてしまうボク

は間違えていますか?

バカ正直に鉛筆なんか使ったりして

背中世界

美しい光優しい朝激しい雨

帽子をぶっかりとかぶって外へと出ますこの視界を変えるために

ストレートドロップ

下着をはずして光にかざして透けた世界は性色の現実

薬にも裏切りを受けて死んでいくのだろうかボクは……

電車の外に流れるこの視界が白一色なら混じり合いをした汚いしがらみからもきっと抜け出せるのに……せめてこの名前が付け外し可能なモノだったのなら……今日はボクと呼ばないでください

笑えない人生だよあの人はどうして笑っているのだろう

雨空の日にでも青空を感じていたいから、買った傘は青色でした

水の中に沈んだドロップの一つになりたい

茶心も尽き果てて、良心に風穴が開いたからそこから千切り

地球の地面を中指の先で弾いて八つ当たり

ブランコのように時計の針も戻ることを覚えたなら良いのに

髪の毛を切って一週間が過ぎた気持ち、環境

新しい新鮮な木の実を啄む小鳥になりたい

離脱解脱

気泡でできた空絵のように自分の予想を裏切る自分でありたいから

何にも属さずのインスタントマンになれたら

光が鳴いた、風が強いシブキをあげてボクは、そこに在る♪のひとつになっていた

メロディーやハーモニーで「嘘」や「裏切り」の後の空虚な寂しさや空腹をいつも満たせたなら

 明日開ける箱をつくって、それで寝に就きます

 春には桜が咲くように

 夏には飛行機雲が遠くの空まで突き抜けるように

 秋には憂いの雫に想いが浸り耽るように

冬にはそれら全てが無になり無常になるように……また朝が終わりを迎え  

 る、ボクはそこにある見えないモノになりたくて

あいつが夜の悪夢の中から出られないように出入り口を憎悪の壁で塞ぎ込んでやる

互いの輝きに妬みを反射させあって

○を描けない人生だって、

いっぱいの嘘をついてきました、その分だけ空の星からは遠ざかりました」

もらいものは一切要りません、自分で生きます

「見つけたい見つけたい」

この気持ちの方向は目には映らないけれど、どれでもまだヒカリみたいな夢

見つけたい

悪魔の煙でタバコを焚いて

草村へ飛び込んで一時の癒しをいただきます目の前の社会に疲れました

若い時に忘れてきた若い時間

日が経つのを感じるよ

アタシが少女であるうちに、イチゴのようにすくって食べて

私の身体には血液が流れているのでしょうか

「日替わりの愛情」は、何百円でいただけますか?

 最近流行りのキャラメル音楽は

誕生日   二〇〇八/十二/十一〈木〉

編集完了日 二〇〇八/十二/十一〈木〉

psためこんでいた自分の気持ち、外へ放つことも阻まれ・・・でもまた陽が差し込んで、自分も他の誰かに温かみを与えられたらな、「皆、今、生きられていますか?」

Cocolog_oekaki_2008_12_11_22_37

SUPERMARKET FANTASY [通常盤] Music SUPERMARKET FANTASY [通常盤]

アーティスト:Mr.Children
販売元:TOY'S FACTORY Inc.(VAP)
発売日:2008/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)
|

ミスチル新曲♪

ミスチル新曲♪
また救われると良いです

| | コメント (0)
|

たすけてください

| | コメント (0)
|

今日、

新作の旋律公開しようかしら?一人でも希望者がいれば

| | コメント (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »