« 髪の毛を切りました… | トップページ | つかれました »

白の旋律〈白の詩〉~旋律№112 無の花世界に散りばんで~

〈白の無属性種独花〉

旋律№112 無の花世界に散りばんで

                                白

 後ろ姿で人を惹いてしまうこと……

 喰えばそれが飯になる餓鬼の頃長いことそんな毎日を過ごしていた

 闇空に浮かぶ千切れ雲がアバラボネのように露骨に突き出してきて

「園児募集」の貼り紙にも時給が発生してしまう時代か?

 世界が破滅の頃をば迎える刻、ボクにできることはそこいらじゅうの水道の蛇口をひねってまわること。一滴でもヒトシズクでも多くの自然な自由を地球に還元すること

 急ぎで作った夕暮れみたく嘘の重ね塗りに窒息させられてボクは

「光の遮断」がこのカーテンの使命ならば 

Hands-clapsを欲求するぜaudience

 痛みを知らない餓鬼どもは、小鳥の住み家を襲撃しては

「明日も雨が降り続けることでしょう」気象予報士の明るい声色が世間に撒かれる……「明日に死を迎えるはずであろう人間」はどうしたら良いの?「生まれてくるはずであろう人間」は?「折れちまいそうな精神力で何かの始まりをばの誓いを立てた人間」は?

 胸の洞窟に降る雪は

 すべての想いを形容する言詞それはいつか「無」

 「秋に花が咲くことを願い冬にすべての世界を彩ることを願ってボクはこの詩を描きました。一生懸命に描きました。」

   誕生日   二〇〇八/九/二十八〈日〉

編集完了日 二〇〇八/九/二十八〈日〉

ps「無」です。もう無くなってしまいました。

|
|

« 髪の毛を切りました… | トップページ | つかれました »

白の旋律〈白の詩〉」カテゴリの記事

コメント

優しいコメントありがと☆
疲れるよね、人間て・・・

投稿: 白♪cocoちゃん〈ハチュッ&№①〉♪ | 2008年10月 1日 (水) 23時14分

何だか色んな比喩も多くて仕事疲れの今ゎマシなことが言ぇますーん(-"-;)またゅっくりぉ伺ぃ∪まつ(・∀・)

投稿: coco | 2008年10月 1日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 髪の毛を切りました… | トップページ | つかれました »